四畳半を卒業したchebuと まぶたん:夫           あん子:娘            との東京暮らし。


by chebu3379

夢2


人間の皮をかぶった野生動物!(*´Д`*)
カッコイイ!そして楽しそう!

そうそう、夢の話でした。興奮してつい。

父を殺す夢を見ている頃に平行して何度かみたのは泣きながら母に何か訴えている夢でした。この夢を見てからうっすらと、自分は本当は母にもかなり腹を立てていたのだなぁと思うようになりました。それまでは私の中での母は「護ってやらなければならない愚かな人」というイメージで、こんなに腹を立てているなんて気づきませんでした。

忘れていたけど、思い返せば私が父の機嫌を取っているといつも横から父を怒らせるような事を口にして私の努力を台無しにしたり、父が怒鳴ったり物を壊したりしている時に妹だけを連れて家を出て行ったり、「あなたはお父さんと仲良しでいいわねぇ」と嫌味を言ってきたりと、私が母に怒りを感じる原因は結構たくさんありました。この時点で私が母を見る目が少し変化。

その後父の問題が解決していく段階でこの夢が少し変化してきました。母に何かを訴えるだけでなく殴っている夢になってきたのです。「うわぁ・・・私って相当母親のことも憎んでたのかな・・・でも父のときと同じようにこの夢はいずれは私の中で何かが変化していく前触れのようなものかも知れないよな。」そう思っていました。

ところが妊娠中に見た夢で、自分が母に対して感じている感情は憎しみというよりもむしろ恐怖だと気が付いてしまいました。この夢については当時日記に書いているのでリンクを貼って見ました。この日の日記には書きませんでしたが、顔のないおばあさんは母、表情のない女の子は妹、死んだおばあさんは父方の祖母(現実的には存命)です。姿は全然違うのだけれど、なぜか私にはそれが分かってしまうのです。

なんとなく今は、母は私にとって「不吉な場所で私を待ち構えていて、不幸の中に引きずり込もうとする人」という風に映っていたのかなと思います。妹も母ほど強力ではないけれど、私にとっては母とセットの存在だったのかもしれません。

この話を妹にしてみたら、妹も自分が見た母に関する夢を教えてくれました。妹と母が向かい合って正座をしている夢です。母には全く表情というものがなく、顔色も生気がなく灰色で、妹は母に対して「空っぽ」「虚ろ」と感じたのだそうです。妹と向き合って座っているけれど、妹が自分の子供である事を理解していないし、妹の姿が見えてもいない。「普段の軽薄に騒ぎ立てる母の姿、あれは仮面なのだ」と思ったと妹はいいます。

顔のない老婆。虚ろな人。姿は違うのだけれど、私達姉妹はなんとなく同じような事を母に対して感じていたんじゃないかという気がします。父と違って母には過去フィルターを外すだけでは対処ができないのではないか、そんな気がしました。

神様助けて!(;´д⊂)

というわけで相談に行ってみたわけです。結局テンパり過ぎて夢とか私自身の恐怖心についての話はほとんどできなかったですけど・・・。まぁ父のときも10年かかったわけだし、いつかは何とかなるさ。どんまい~ヽ(´ー`)ノ(結局適当)
[PR]
by chebu3379 | 2009-09-27 23:14 |