「ほっ」と。キャンペーン

四畳半を卒業したchebuと まぶたん:夫           あん子:娘            との東京暮らし。


by chebu3379

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

三部作?③

最後の夢は今年のお正月くらいに見た夢。

夢の前半は忘れてしまったけれど、私はマブタン、あん子と一緒に奄美大島にいます。一日島で遊んで、夕暮れの海を見に来たところ、かな?

海からは甘い潮の香りのする風が吹いてきます。水はどこまでも澄んでいるけれど、底が見えない急深の海。日が落ちてきて海も空も同じトーンの深い蒼です。なんて綺麗なんだろう。

私はどうしてもこの海に入ってみたいのだけれど、海に入るには水中眼鏡が必要と言われて、妹がそれを届けてくれるのを待っています。

マブタンとあん子と一緒に岸壁に腰掛けて脚をぶらぶらさせて海を眺めていると、妹が水中眼鏡を持ってやってきました。

3人をを岸辺に残して早速海へ。暖かくって、なんだか羊水みたい。気持ちが良くて夢中になって泳ぎ始めました。

ふと気がつくと大分沖まで泳いできてしまったみたい。このまま泳いでいったら誰にも知られずにこの蒼い海の中で力尽きて一人沈んでしまうのかもしれない、とふと怖くなりました。振り返れば遠くにぽつんとさっきの岸壁が見えます。今ならまだ帰ることができる。

でも・・・。海の蒼と空の蒼が溶け合ってひとつになっている水平線の方へ泳いで行きたい、このまま自分もこの蒼の中に溶けてしまいたい、そういう気持ちに抗うことができません。

まぁ・・・力尽きて沈んじゃってもそれはそれで幸せかもしれない。

沖へ、もう見えない水平線へ向かってまた泳ぎ始めたところで目が覚めました。
[PR]
by chebu3379 | 2010-09-06 22:44 |

三部作?②

今日はあん子が帰ってくる日。母ちゃんはりっきっちゃうヽ(´ー`)ノ
というわけで、布団干して、毛布も洗って、掃除機かけて・・・明日のごはんの準備もしないとね!

そうそう、三部作?の2つめ。

コレは、多分あん子の産休中に見た夢です。

夕暮れに大きな湖のほとりに一人で立っています。空も水面も深い蒼で、夏の夕暮れみたいな、なんだかほっとする匂いのする風が吹いています。葦がざわざわ揺れる音を聴きながらぼんやりしていたら、向こうから小さな船がやってきました。

船には現実生活でも知っている女性が乗っていました。彼女に従って船に乗り、湖の中にある不思議な部屋に行きました。その部屋は壁も床もほんのり光を放っているような白で、正方形の形。壁の一面が湖に向かって開かれていて、床は水面に連なっている。私達はその開かれたところから部屋に入って、真っ白なソファに並んで腰掛けます。なんだか恋人同士みたいなとても親密な雰囲気で話をしていると、不意に湖から荒々しい雄叫びのようなものが聞こえてきました。

彼女は真面目な顔になって、「これからこの場所に暴力的な男の人達がやってくる」と呟きました。一緒に逃げるように頼むのだけれど、彼女は「ここから逃げ出すわけには行かない」と言って話を聞いてくれそうもありません。

しばらく考えてみたけれど、「私はここでその暴力的な男の人達に捕まる訳にはいかない」と思いました。ふと見れば湖に向かって開かれた壁と反対側の壁にドアがあります。「気をつけて」と彼女に声をかけて、ドアのノブに手をかけました。

最後に振り返ってみると、真っ白だったはずの部屋は灰色に染まっていて、彼女は何かを待つみたいに蒼い湖の方を向いてじっと座っていました。ここは彼女のための部屋なんだ。私のための部屋ではない。私は私の場所に行かなければいけないな・・・。

ドアを開けたところで目が覚めました。
[PR]
by chebu3379 | 2010-09-05 23:04 |

三部作?①

夢ってあまり見るほうではない・・・というか見てるのかも知れないけど大概のものは起きたときには忘れてしまいます。でも何年も記憶に残って気になり続けている夢というのもあったりします。その中でも最近「これってもしかしてシリーズものだったのかな?」と思いはじめている夢があります。

最初のは5年前くらいに見た夢。

私はマブタンと一緒に巨大な体育館みたいな場所に小さなブースが所狭しと並んでいる、イベント会場のようなところに来ています。どうやらこれから何かのイベントが始まるような雰囲気です。皆期待に満ちた顔で待っているのだけれど、しばらくたっても何も起こらないのでなんだか退屈してきちゃいました。

きょろきょろと見回すと会場の隅っこの方に小さな人だかりを見つけました。何を見ているんだろう?と思ってマブタンと一緒に近寄ってみると、会場に敷かれた緑色のゴムシートから水が染み出してきて小さな水溜りができています。防水のゴムシートから水が染み出すなんて、変だなぁ・・・。眺めているうちに、湧き出てきた水がどこかに向かって流れていくのに気がつきました。気になって流れを追いかけていくと、イベント会場の隅っこに出口があって水はそこから外に向かって流れ出て行きます。

水を追って外に出るとそこは良く晴れた初秋の郊外で、水は民家脇の側溝の中を流れて行きます。気がつくとマブタンがいなくなっていて少し心配になったけれど、振り向くとさっき出てきた出口の向こうには薄暗いイベント会場が見えたので、少しだけ水の流れをたどってみることにしました。

側溝の向こうには赤く色づいた生垣と、その向こうに広い庭のある農家風の大きな家があります。時々鳥の鳴き声が聞こえて、とてものどかな昼下がり。澄んだ綺麗な水が茶色い小石の上を流れていきます。イベント会場では染み出しているって印象だったのに、いつの間にこんな水量になったんだろう?

そのまま側溝に沿って歩いていくと、水の中にキラキラしたミュールやサンダルが沈んでいるのを見つけました。イミテーションの宝石やラメがついていてとても綺麗だったので、水の中に足を入れてそれに触ってみました。少し履いてみたいような気もするけれど、私には似合わないなぁ。

ほぼ等間隔に沈んでいるそれらを足先で突付きながら側溝の中を歩きます。ひんやり冷たい水がとても気持ちがいい。

と、そのとき突然水かさが増えて水に飲まれてしまいました。澄んで冷たい水の中をもみくちゃになりながら流されていきます。もがいてみたけれど流れが激しくて這い上がることができません。不意に流れは暗渠となり、地下に向かう小さな瀧になりました。地下に押し流されていきながら「怖い!」・・・と思ったところで目が覚めました。

結構長いので2つ目のはまた明日。
[PR]
by chebu3379 | 2010-09-04 22:00 |