四畳半を卒業したchebuと まぶたん:夫           あん子:娘            との東京暮らし。


by chebu3379

<   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夢の場所

秋名という集落で「平瀬マンカイ」というお祭りがあるというので行ってみました。

このお祭りはネリヤカナヤ(海の彼方にある豊穣の世界)から「稲魂(イニャダマ)」を招く、豊作祈願の行事みたいです。

朝から降ったりやんだりの天気だったせいか秋名集落で車を降りたらものすごい湿度で、まるで水の中にいるかのような息苦しさ。これは・・・イニャダマ効果なのか・・・。

e0042260_0302975.jpg


山の植生も鬱蒼としてて、なんだか物凄い感じ。この鬱蒼とした森の中に神社があって、それもまた何ともいえない雰囲気です。

途中寄り道をしてカタツムリ見てたせいで時間に間に合わず、神事はほとんど見られませんでしたが、帰りがけに振返って「あれ?」と思いました。


e0042260_0174868.jpg


この風景、昔見た夢の風景によく似てる気がする。この風景をヒントにしたらもっと詳細にあの夢を思い出すことができないかなぁ・・・。

またいつか、お天気の良い夕方にここに来てみたい。
[PR]
by chebu3379 | 2012-09-27 00:44 |

フェイク

久々に夢を見ました。

前半は忘れてしまったけれど、母をカウンセラーのところへ連れて行って感想を尋ねているところ。

母には私が紹介したカウンセラー以外に今まで通っていたカウンセラーがいます。母はその人が嫌いらしく、色々と悪口を言うので「じゃあ、その人をやめて新しいカウンセラーに全て任せたら良いよ」と言うと「新しい先生はすばらしいわ。でもこれまでお世話になってきた人に悪いじゃない!」と私の紹介したカウンセラーに行くことも渋ります。

「文句は言うくせにどうして変えようとしないの?一体何がしたいの?」と私はいらだってそこら辺のものを投げて暴れるのだけれど、投げたと思った皿に乗った鮭の切り身が紙だったりして所々本物じゃないものが混じっている・・・。

という夢です。

なるほどね。

妄想症の母の状況はところどころフェイクが混じっている。怒りをぶつけようにも何が何だか、怒りの対象自体がフェイクだったりするわけで、その無力感と混乱ときたらない。

まぁ、腹が立つこと自体は自然なことなのでいいとしても、怒りを母にぶつけることは無駄なのだと思えてきました。何を言っても変わらないし世界を分かち合えない人にまともに向き合う努力なんて無駄この上ない。一度しかない人生、限られたエネルギーはもうちょっと建設的なことに使いたい。

というわけで、ヘルプは出すけれども向き合わないことに決めた。まぁよく考えたら所詮他人のことなんて100%理解できるわけもなく、その必要もないよね。何を無理してたんだろ。傲慢だった。反省。
[PR]
by chebu3379 | 2012-09-05 23:58 |