四畳半を卒業したchebuと まぶたん:夫           あん子:娘            との東京暮らし。


by chebu3379

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いいきもち

上手く眠れない夜に手のひらを胸骨にあててやるとふわ~っと全身があたたくなって気がつくと寝ている。

ふと友人がJIDAIさんのエモーショナルボディワークという身体から感情を作るワークショップに参加した時に「肋骨の真ん中が うれしいときはじわーってスープこぼしたみたいにあったかくなる」って言ってたのを思い出した。

この感じは「喜び」とか「幸せ」みたいな感情と繋がる感覚なのか。

観察してみると胸の奥の方がじんわり暖かくなり、その温かさが全身に広がっていって末端の方がすーっとしてくるようなそんな感覚。

あれ?なんだかこれは観たとがあるなぁ…と思ったら気響会の整体WSで言われる感覚と似てる。

感情に見えることもあるし、気という説明もできるし、もっと他の何かとして姿を現すこともあるのかもしれないけど、この感覚は気持ちが良くて好きだなぁ。




[PR]
by chebu3379 | 2016-08-28 15:10 | からだ

反逆

自分でも驚くのだけれど、突然今まで面白いと思っていたものたちを少し疎ましく思うようになった。

ずっとただ自分の身体を知るのが楽しくてころころと坂道を転がるみたいに進んできたけれど、今は他人が語る身体にまつわる色んな考察が少々うっとおしいなあと感じてしまうときがある。

理屈、つけないとだめかな。

いや、きっと語ってる人たちはかつて私がそうだったように楽しくて興味深くて進んでいってるだけ。理論って大切だし、批判する気はない。

どういうわけだか論理的に体の感覚について語られることが、時々感覚について良し悪しとか正誤を決められてしまうみたいに感じてしまうのだ。好きなように感じたい。あるいは感じられないことについて罪悪感とか劣等感とか持ちたくない。

感じるように感じたい。そこを他人にコントロールされたくない。気難しいなぁと思うけど、そう思っちゃうのだからどうしようもない。

そう感じてしまう自分に、しばらくお付き合いしてみよう。
[PR]
by chebu3379 | 2016-08-24 22:11 | きもち