「ほっ」と。キャンペーン

四畳半を卒業したchebuと まぶたん:夫           あん子:娘            との東京暮らし。


by chebu3379

<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

海辺で

「ここへはよく来るの?」と尋ねたら、「はい。家から自転車で来られるので。」という答えが返ってきた。

それから少し間をおいて水平線を眺めながら「こういう場所があるのって、貴重ですよね。」と独り言のように呟いた彼の声の響きにとてもすこやかなものを感じました。

子供が大人になるということ、自分の力で生きていけるようになるということはとても困難な道程であるけれど、このすこやかさに護られて彼はきちんと大人になることができるだろう、そんな気がしました。

いつまでもこのすこやかさが彼とともにあってくれますように。



[PR]
by chebu3379 | 2016-09-26 20:26

感謝

人に何かしてもらうと「お返ししなきゃ」ということを割と反射的に思う性質でしたが、昨日ちょっと神様について考えてみたときにふと思ったのは、何か与えてもらったら「感謝」をすればよいのだなぁということ。

「返礼」はそのあとの話。ちょっと別の話。

まず、感謝を待とう。そして、「お返しをしたい」と思えたらお返しすればいい。

まぁあれだよね、心の中で「お返しなければ見捨てられる」「役に立てなければ自分は存在できない」という子供の頃のあれこれが未だに燻ってるんだろう。

それが、「人に与えてもらう」というありがたい体験を「取引」に変質させてしまっていたんだな。物事はどんな気持ちでするかによって全然変わってしまう。

もう私は大人で、親に振り回されずに自分の生き方を自分で選べるお年頃になったっていうかもうだいぶそういうお年頃も過ぎたので、そろそろ自分のやりたいように感じたいように生きる。

[PR]
by chebu3379 | 2016-09-18 22:36 | きもち

願望

色々と考えていたら、自分の中に評価されたいっていう強い願望があるんだなぁと気が付きました。

「認めてほしい」くらいのは前からあるなぁと思ってたんだけど、自分で自分を認めてないからそう思うのだと思ってた。そう思っちゃう自分をちょっと嫌だなぁと思っていました。

でもたぶんそういう承認欲求の話じゃなく、私は他人に評価されたいと思ってるみたいだなと思いました。

承認欲求だと思ってしまってたから色んな場面でこの気持ちが出てくることをなんだか窮屈で不自由だなって思っていた。私は誰にでも好かれるような完璧人間になれる器ではないし、好かれるために相手の望み通りの答えを出し続けるのに耐えられるほどの無邪気さもないし。でも「評価されたい」だったら評価の軸さえ自分の中でクリアにしてしまえば実現可能だなと思う。

自分の生活スタイルの中に無理なく健全な形でこの欲求を叶えられるようなことを組み込めるチャンスがあるかしら?

[PR]
by chebu3379 | 2016-09-13 00:15 | きもち

トーン

今日はパントマイマーJIDAIさんの「共感能力を高める」というちょっと不思議なWSに行ってきました。

面白いなと思ったのは目指していたものと少し違うニュアンスのものが出てきてしまった時に、その原因が身体のポジションや動きの方の問題としてではなく空間と私の関係性の問題として表れてきているように感じたことです。

以前は例えば「胸郭がこのポジションにあるから不安の感情が出てきたんだな」という風に感じたのだけれど、今日は「空間が私を不安にさせるような関係性で存在しているからだ」という風に感じました。

そして、こんな風に空間が不安の色を帯びてしまっているときは恐らく何もかもが「不安」というトーンで認知されていて、ニュートラルなトーンの世界を見ることができなくなっているのだ、という風に思いました。それはマイムをしているという特殊な状況で起きるばかりではなくて日常生活でも毎日起きていることなのだと思います。

そろそろ日常でもこのトーンを外せるようになりたいな。

[PR]
by chebu3379 | 2016-09-11 22:03

マウンティング

ここ数日、「この人マウンティングしてきてるのかなー?」という人に何人か遭遇しました。

以前はマウンティングされているっぽいと感じることについて「自分の被害妄想なのではないか?」という気持ちと「マウンティングするような人じゃないはず」という気持ちと「何か気に障ることをしたんだろうか?」という気持ちでマウンティングされてないことにして場を纏めようとして相手にさらに愛想よく振る舞い、結果的になめられて更に不快な思いをするという謎のルーチンに入ることが多かった。

でも今回は割と瞬間的に「めんどくさい」という気持ちになって会話をやめることができました。

そして「つまるところ、マウンティングしてくる人は素でいて居心地の良いような生活を送ってないからこそ、自分の立場をなんとか整えようとしてうっかりマウンティングしてしまうんだろうな」という考えが頭に浮かびました。

私だって調子が絶不調のときはうっかりやっちゃったりしてるのかもって思った。本当に気を付けたい。

そのためには私自身が心地よくあることが大切で、マウンティングしてくるような人に対して自分自身を疑い貶めて無駄な愛想を振りまくことをやめないといけません。

でもほんと、この判断って瞬間的におこる反射のようなものだから難しい。良い練習になりました。

[PR]
by chebu3379 | 2016-09-08 22:51